ケータイ小説 野いちご

君の笑顔を守る為なら私は。

*あとがき



『君の笑顔を守る為なら私は。』を最後まで見て下さった皆さん、1ページでも見て下さった皆さん

本当にありがとうございます!!


これは私の初作品……というか他にも書いてはいるんですが、毎回完結せずに終わってしまい、無事完結した作品はこれが初めてです!


見直した時に誤字脱字が多すぎてびっくりしました(笑)

おかげさまで、完結することが出来て私自身驚きです(笑)



鳴海は、言葉不足だけど、鳴海なりに風海を好きで


風海は、自分に自身が無くて、鳴海の笑顔を守る為に鳴海の前から姿を消そうと考える程鳴海のことが好きで


どっちも好き同士なのに、すれ違ってしまう、という切ない感じで書いてみました!



番外編は書く予定なので、本棚inして待っていてくれればな、と思います!


鳴海sideは書くか迷っているんですが、リクエストがあれば書きます!





それでは、♡らむ♡の初作品、『君の笑顔を守る為に私は。』を読んでいただき、ありがとうございました!!!





(次の作品は、暴走族の物語です!
完結してから公開にするつもりなので、まだまだ先かも知れません……
なので、公開するのを待っていただけたらな、と思います!)



☟☟☟☟☟☟
番外編レッツゴー!

< 44/ 49 >