ケータイ小説 野いちご

HEAVEN of JOKERS

Episode 1










「いった……っ」




「ねぇ、翔ちゃんが帰ってくる前に、終わらせてくれない??

翔ちゃん、ぶちギレるから。」




私にバケツを投げてきたのは、私の姉。


姉といっても、私が小さい頃に母が再婚した、父方の連れ子だから、血の繋がりはないけど。





「終わらせるって言ったって……」



私は今しがた帰宅したのだ。

帰ったら恐ろしいほど部屋の中が荒れている。



植木は全て倒れているし、その上を乱暴に踏み歩いたのか、土が足跡をつけて部屋中を散歩している。





「なにがどうなって……?」




「はぁ?理由なんてどうでもいいでしょ、
早くしてよ、翔ちゃん帰ってきちゃうってば」





どうせ、またくだらない奴等を家にあげていたんだろう。

こんな、無駄に広い家だし…………






「翔ちゃん帰ってくる前にやっといてね?」




そう私に言い残して、自室へ戻る、義理の姉。





こんなこと、よくあることで。







「はぁ~」




私はため息をついて、雑巾掛けを始めた。


















< 1/ 89 >