ケータイ小説 野いちご

君の居ない世界で

悲しみの中

「翔麻ァァァァァァァァァ。」

耳を塞いでしゃがみんこだ。

もう、何も聞きたくない。
翔麻のこと、聞きたくない。

もう、やめて。
あたしを苦しめないで!
神様!
どうして?
あたしは、翔麻を失わなくちゃいけなかったの?

< 8/ 28 >