ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

さしゆき小説

タイトル未編集







ある日の楽屋…


ガチャ

ドアが開いた


由紀 「あれ、さっしー1人?てか早いね」


(んー誰か来たー…起きなきゃ、)
だるそうに机に伏せていた体を起こす


莉乃「あ、ゆきりん
ぅん…ひとりーゆきりんも早いね」


(なんか、さっしー様子へんだなー)

さっしーのとなりの席にすわり
じーっと見て


由紀「さっしー、体調悪い?」



(んー、
しんどいのばれるのいやなんだよね…)



下を向き携帯を触りながら
莉乃「え?なんで?ちょー元気だよ…」


由紀「うそ。」


さっしーの首元に手を当てる



莉乃「…んっ、つめたい…。」


(ゆきりんの手、冷たくて気持ちいい…//)



由紀「ほら、熱いじゃん、
いつから熱あるの?」


莉乃「んー、昨日から…」

(もっかい触って欲しい…)




由紀「私、薬持ってるから飲みな?」

かばんを手に取り薬をを探す


莉乃「…ゆき、」

由紀「んー?」
探しながら返事をする


莉乃「もっかい…さ、わ…って//」


ゆきりんの手掴み動きを止める
自分でゆきりんの手を引き寄せ
首元に…




由紀「ほしーの?…」

触ろうとするが
ギリギリで止める


莉乃「…ぅ、ん。」


由紀「…触ってくださいは?」
少し意地悪そうに



莉乃「…っ、さ、わってっ…ください…//」



ゆっくり首元を掴む



莉乃「ぁ、…んぅ、ゆきぃ、」


そのまま服の中に冷たい手をいれる

莉乃「…んぁ、//…んんぅ、」

耐えきれずに声を漏らす



由紀「んふふ、かわいいね莉乃は
でも今日はおしまいだよ」




自分の口に水を含み
さっしーの口に薬をいれ
口移しで水を飲ませる



莉乃「んんん、っ…」


(もっとほしかった…
でも初めての口移し//)


由紀「はやく元気になって続き…しようね?」


莉乃「…ぅん//」


ぎゅーっと抱きしめる



ガチャ…



おっはよー!!

メンバーがぞくぞくと入ってきた


「指原さんと柏木さんなにげ仲いいですよね」



2人見つめあって小声で
「危なかったね」
といってクスクス笑った


ドアが開く音がして
慌てて写メを撮ってるふりをした



なにげじゃないよね
由紀と莉乃はガチだもんね






< 1/ 1 >