ケータイ小説 野いちご

宮田君の告白

試合
一言








「なにやってんの、俊哉ー!!」




「バテんなよ、頑張れー!!」






うちの学校は最初こそ僅かな点差でリードしてたけど、すぐにひっくり返されてしまい、終盤は劣勢になっていた。





宮田君も、もちろん結城君もみんな頑張ってるけど、相手の方が少し余裕がある感じ。







「宮田、君....」






やだ、このまま負けちゃうの?





たしかに、私達はまだ2年だから来年もあるけど。




でも3年生と一緒に試合できるのはきっとこの大会が最後のはず。





いつも無表情だけど、バスケ好きなんでしょう?






「.......勝って」





みんなが一生懸命声を出して応援してるなか、私は1人で座って祈ることしかしてなかった。








< 31/ 59 >