ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ライオンの我儘

私とライオン達
噛み付くなっ


野中 郁、十七歳。

このままじゃ、お嫁にいけません!

至急、彼氏を募集中。
※兄達には内緒で。だけど...

















PM7:30

「お兄ぃ、なんで....何で、うちの部屋におんの?」



高校二年、二学期の始まり日。




重たい体を起こして、ほぼ部活でなかった夏休みが終わって...




機嫌は最悪、なのに....




「なぁ、郁。学校は送っていってやっから、残りの夏課題終わらせなよ、な?」



私の聞いたことは無視。




何勝手に部屋の鍵開けて居座ってやんの。
ってか、夏課題の事黙ってたのに何で分かってんの?





....





......あ。
(察)






「愛(あき)から聞いたん。....あーもぉっ!」



髪を治す時間なんて、こんな'' 鬼ぃちゃん ''が部屋にいたらできない。




夏課題なんて、後で学校で居残りでも何でも受けてやるから後にして!






学期はじめの女の子の準備時間舐めんな。





馬鹿野郎。





大体仕事はドオシタ。
弁護士が家にいていいの?...





普通、忙しくて家にいないイメージの職業だよ。





「こっちだってたまに休暇とんの。郁、逃げんな。」






逃げてない。





「ヤダ。....顔だって洗ってないしまだ何の準備だってできてない。課題はちゃんと出すからっ。あっち、いってて。」






「わぁった。できたら車出すから声掛けろ。」





ぁあ。よりにもよってお兄に、新(あらた)に捕まるなんてついてない。




うちのライオン1号。




長男、野中 新。二十七歳




黙ってれば、格好がつくし。
優しい、頭いい、女子力高いのに..



ただ、私の私生活に異常をきたす馬鹿者。




ぁあー、女姉妹なら違ったのになぁ。




「愛の奴、後で痛み目みせてやる。あーあ、いい加減、子供じゃないってのっ。」




時間に余裕あるように起きたのに、時間が全然ない







二階が私の部屋、三階と一階の二部屋がお兄達の部屋になってて、一階の残りの部屋は共有スペース。みたいな間取りなんだけど、ほぼ共有スペースがお兄達の居場所みたくなってて私なんかあんま使ってない。



だから、一階に降りるのは体力がいるんだ。




うちのライオン達は面倒な程過保護だから。






「...おはよ。」















































































< 1/ 1 >