ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

莉子の恋はジェットコースター!?

★体育祭の準備★
☆莉子side ごめんねのLINE☆

私は、校舎前で携帯を開く。
「もしもし。私よ。帰りの車をちょうだい。」私は、執事の人に電話して、迎えに来るように頼んだ。
この学校は、お金持ち校だから、誰も別に不思議には思わない。
「莉子様。お待たせいたしました。」私と仲の良い執事 斉藤蒼が来た。
「蒼、来るの遅いわよ。」私は、車に入る。
「すみません。仕事の途中だったものですから。」
「それって、私が悪いタイミングに電話してきて迷惑だったって言いたいの?」私は、笑いながら冗談っぽく言った。
「そうですよ。」蒼も笑った。
「それはそうと、なぜこんな早いんです?LINEでは、遅くなると来ましたが。」やっぱり、つつくか。

< 22/ 89 >