ケータイ小説 野いちご

cutie honey

three

「…清水さん」
「…」

「しーみずさん!」
「ぅわっ!はい?何ですか?」

三枝課長のあの日、何が言いたかったのかが気になって、しばしば上の空になっていた。

名前を呼ばれ、慌てて返事をすると、相手はクスクスと笑っている。

…この人の笑顔は癒される。

東隆也(あずまたかや)28歳。私より、2個上の先輩。

身長が高く、柔らかい笑顔の、可愛い系のイケメンだ。誰にでも人懐こくて、入社してからも、東さんだけは、私に話しかけてくれていた。

「珍しいですね。仕事中にボーッとしてる清水さんなんて」

「エッ⁈いや、その…」

シドロモドロに返事をすると。

「は、はーん、さては、恋の病ですか?」

その言葉に、ビックリするほど赤面してしまった。

それを見た東さんは、声をあげて笑い出し、周りは好奇の眼差しで東さんを見た。

「わ、笑わないで…恥ずかしい。人目がイタイよ」

そう言ってるのに、中々笑いは止まらなくて、三枝課長もこちらを見ていた。


「お願いだから」
「…しょうがないなぁ。笑うのやめますよ」

…ようやくやめてくれた。

< 31/ 49 >