ケータイ小説 野いちご

暗闇のアリス second story [完結]

No.5
Alice/亜李朱





_______



どこかで見たことのあるような、






ただただ真っ白で広い部屋







そこには私ひとりがポツリと佇む








私ひとりだけど、ひとりじゃない








ひとかげはふたつ








それは、私と私。








「自分の存在意義を忘れてない?」







「私たちは人形にすぎないのよ」









「これ以上は私もただの傍観者じゃいられない」












「…………Alice。」









Aliceは泣いていた。










< 38/ 289 >