ケータイ小説 野いちご

キミの隣で恋をおしえて

08.チョコと二人の行方。




目まぐるしく年が明け、新学期が始まった。


「え、え、えぇええぇぇ…!!!」

「しっ、しーーー!!!!!」


親友、なべっちの絶叫を両手で止め、周囲を見渡す。

ここは北風ぴゅーぴゅーの渡り廊下だ。

天気がいいことが唯一の救い。


「内緒にするって約束で、許可もらったんだから!」


冬休み、安堂くんに頼みこんで許可をもらった。

先生のことは伏せて、キス仕様の写メのことやキスマークとかそういうことも全部内緒で、お弁当係ということだけ教えていいって話になった。


『じゃないと、友情にひびが…っ!!!』


泣き付いたあたしに、安堂くんは呆れたため息を零していた。


「うそー、マジで気付かなかったぁ…!あたし、知枝里のお弁当に酷いこと言ってごめんね」

『安堂くん、悲惨なお弁当食べてる』


友の言葉を思い出した。


「ううん…、いいのよ。あの時は本当に酷かった…」

「え、じゃあもしかして、あたしとお弁当食べなくなってから、ずっと安堂くんと一緒に食べてたの?」


なべっちの質問に、数秒のタイムラグを経てから、小さく頷く。


「うらやましい~~~~!!!!」


そんないいもんじゃないんだってば。

結構注文多いんだから。


「っきゃー、玲美たち、知ったら嫉妬で爆発するかもなぁ」

「い、言わないでよ!?」

「分かってるよ。じゃあこうなれば、今年は一緒にチョコ作りだね!」


なべっちのウインクに、あたしはぽかんと口を開けた。

確かにメディアは先取りで、年が明ければもう、CMも雑誌も街の中も、バレンタインを煽る広告が目白押しだ。


(どうしよう……)


なべっちは大きな誤解をしている。

あたしが安堂くんのことを好きだと勘違いしている。

でもそこを否定してしまうと「じゃあ何でそんなことしてるの?」と言われた時、言い訳がつかない。

だからこのまま、勘違いしてもらっていた方がいいんだけど…。




< 98/ 352 >