ケータイ小説 野いちご

南くんの彼女 ( 熱 烈 希 望 !! )

第13話
大好きなんだよ、南くん




ーーーーーーーーーー



「絶対、アピールしたほうが良いよ〜!」

「で、でも…」

「私も…アピールするべきだと…思う」

「黒崎ちゃんまで…」



あの修学旅行から、早いもので2週間が経とうとしている。


「だって!南くんからお祝いしてもらえるチャンスだよ?」

「そんなの…厚かましいやつって思われちゃうよ」


そう、10日後に迫っている11月25日は私の誕生日。


茉央ちゃんと黒崎ちゃんは、南くんに自分から誕生日をアピールしたほうが良いなんて言うけれど


きっと、『11月25日私の誕生日なんだ!』なんて南くんに伝えても『へぇ。』とか『だから?』なんて言われるのがオチ。


安易に想像がつくのが南くんの怖いところだよね。うん。


「そうかなぁ?…じゃあ、デートに誘うのは?ちょうど土曜日だし!」

「あ…それ、いいかも!」


「え、え?!わ、私が?!」


茉央ちゃんの提案に自分の顔に青筋が入ったのが分かる…



南くんに誕生日をアピールするってのよりも難易度の高い気がするんですけど?!!


あぁ、どうなる華のSeventeen!


「さ、そうと決まれば佑麻ちゃんから南くんを誘ってね?」

「えっ!?」

「当たり前でしょ!」


”はい、決まり〜〜♪”と、楽しそうな茉央ちゃんの隣で絶望感に苛まれているのは私です。


南くんに…なんて言えばいいのぉ〜〜!!!

< 221/ 288 >