ケータイ小説 野いちご

俺は、お前がいいんだよ。【番外編】

*真夏の勉強会


夏休みが始まって、数日が経った。


今日は、午後に由依がやって来る。


親戚の人から野菜がたくさん送られてきたらしく、それを…おすそ分けに来てくれるのだ。


由依が家に来るということで、昨日の夜から楽しみにしていた俺だけど……


「陽希、ここは…どんな解釈すればいいわけ?」


「…………。」


「あっ、ハル!この計算式って、これでいいの?」


「……お前ら、もう少し自力でやれよ。さっきから俺に聞いてばっかりじゃねぇか。」


ただ今、絶賛…不機嫌中。


なぜなら、誠と哲也(テツヤ)が朝っぱらから俺の家に押しかけてきたからだ。


ちなみに、哲也は中学時代に同じクラスで、仲が良かったヤツだ。


「いや、自力でやっても無理だから陽希のとこに来たんだって。なあ、哲也。」


「そうそう!俺ら3人の中ではハルが一番…頭いいんだからさ。」


そういう問題じゃねぇんだよ。



< 12/ 41 >