ケータイ小説 野いちご

大好きと言わせて!

それぞれの過去
春樹side





いつも俺は

捨ててばっかりで


拾うことはしなかった


それが俺だったはずなんだ





それを簡単に覆すやつが現れるまで




< 24/ 94 >