ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

絶望で笑って。

愚か者




無機質な部屋で、彼はベッドの上で片足を立てて座り、その膝に肘をつけて、手の甲で小さな頬を支える。綺麗で、どこまでも冷たい瞳でじっと私を見ている。


「なんの用?」

表情に似合った、鋭く冷めた声が私を突き刺す

「...会いたかったの」

そう言えば、彼は鼻で笑う。

「会いたかった相手は、俺じゃないでしょ?」

「そんなこと...ない」

「嘘つくな」

「...私は、匡-キョウ-に会いにきたの」

そう言って、彼の延びた腕に、繕うように触れる。それに彼は微かに瞳を揺らした。


けれど、それは一瞬で、彼はすぐに馬鹿にしたような、冷たい笑みをこぼす。

「....兄貴に会えないからって、
 兄貴に似た、俺に会いにきたって?」

「違うわ、そうじゃない、私は匡が...」

「俺が?俺が好きだって?
 会いに来る程、俺を好きだって?」

そう言って、睨むように私を見つめる彼を、何も言わずに見つめ返す。


「ふざけんな、ふざけんなよ...
 俺を裏切って、兄貴を選んだくせに」

「それは」

「なのに、兄貴が死んだからって、
 今さら、俺のところに....」

「お願い、聞いてっ」

「俺は、お前なんか好きじゃない、大嫌いだ」

その声と共に、彼は私の手を勢いよく振り払い、彼は片手で顔を覆った。


振り払われた私は、その衝撃で近くにあったテーブルに、瞼上をぶつけたのか、ジクジクと痛む。けれど、それよりも胸が痛むのはどうしようもなかった。

いつの間にか、ポタポタと硬いフローリングに涙が落ちていた。


私は、力を振り絞って立ち上がる。

「ごめんね」

そう言って玄関へ向かおうとして、彼に腕を強く捕まれた。そのまま、私の体は彼に引かれ、ベッドに倒される。彼は私の両手首を押さえつけ、私に跨がるように覆い被さる。


「...どうして、お前が泣くんだよ
 泣きたいのは、こっちだよ」

そう怒っているような、泣きそうな顔で言う彼は、長い指で私の目元を乱暴に拭う。

「ごめん、ごめんね、匡」

「...謝るな、謝ったって絶対許さねぇから」

「匡、ごめ」

最後まで言うことができなかったのは、彼が私の唇を彼の同じそれで、塞いだから。それは、どんどんと深くなる。


「...きょう?」

唇が離れて、彼の名を呼べば、彼は、"菜穂"と私の名を囁く。

「...俺のこと、好きって言えよ」

そう言って、私を見下ろす彼の目は、幼い子供が親にすがるような、そんなもので。命令口調な筈なのに、それは懇願しているように見えた。

「......」

何も言わない私に、彼は今にも泣きそうな顔で、私を強く睨みつける。

「言えよ、好きって、兄貴じゃなくて、
 俺が好きって...頼むから...」

「......」

それでも、何も言わずに私は、ただ彼から目を反らすことしかできない。

そんな私に、彼は舌打ちをひとつ溢すと、私の首元へ顔を埋める。まるで、噛み付くように口付けをして、私の体を荒く貪る。

息つく間もない程の彼の行為は、私に彼の思いすべてをぶつけているようだった。

「匡っ、ちょっと...待っ」

「...待たないっ、お前なんか嫌いだ」

そう"嫌いだ"と何度も譫言のように言っては、私を啼かせる。


「きょぅ...きょうっ」

堪らず彼の名を呼べば、

「...なほっ」

彼もまた、私の名前を呼んでいて、その声は、身震いするほど、熱を持っていた。


意識を手放す、その時。

微かに聞こえた、"好きだ"なんて
きっと、聞き間違えだと言い聞かせた。


目を覚ませば、そこには氷の入った袋を、私の腫れた瞼上に乗せる彼がいた。

「......匡」

「...痛むか?」

「ううん、平気」

「...悪かった」

そう言って、私の手を氷袋へと持っていき、私に持たせると彼はベッドに背を預けるように、座った。

「...お前、もう来るな」

「.....いや」

そう言えば、彼は私の方へ振り向く。

「って言ったら、匡はどうする?」

そんな言葉に彼は、眉を寄せて、溜め息を吐く。

「....お前は最低な女だな
 結局、兄貴まで裏切って...」

「...うん」

「好きでもない、俺に抱かれて
 お前は、...何がしたいんだよ」

「...ごめんね」

「お前は、兄貴を俺に重ねて、求めてきても。
 俺は、俺で。兄貴じゃない。
 兄貴は、もうここには、いない....」

 "俺を好きになれよ"


そう吐き捨てるように呟く、彼の背中は微かに震えていて。そんな彼の背中を抱き締めたくて、延ばすことのできない代わりに、ぎゅっと氷袋を強く握った。

そして、私は彼をキズつける。


「私が好きなのは、匠-タクミ-だよ」


「...やっぱり、お前は最低な女だよ」


そう言って、久しぶりに彼は笑った。その顔は匠に似ているようで、やっぱり似ていないと思った。


「早く、帰れよ」

彼のそんな言葉に

「わかってるよ」

そう言って、私も笑った。




『私が好きなのは、匠-タクミ-だよ』

その言葉の続きを、彼は一生、知らない。




「でも、愛してるのは、昔も今も、匡なんだ」




*end*

< 1/ 1 >