ケータイ小説 野いちご

ワケあり上司とヒミツの共有

共有、お昼休み。
オーナー、ハナちゃん。

「あら、雪ちゃん。いらっしゃい♡」

突然声がして、カウンターの下からヒョコッと一人の男性が顔を覗かせた。

『雪ちゃん』……?

……あ。

『津田雪哉』で『雪ちゃん』か。

よいしょと言いながらその人が立ち上がる。

歳は津田部長と同じか、少し上くらいだろうか。

短髪黒髪で、耳には鮮やかなルビーのピアス。背丈は津田部長と変わらない位あって、大きい。

< 34/ 360 >