ケータイ小説 野いちご

私とアイツ

永田くんの友達








































それから20分くらい経ってから背の高い人が入ってきた。

(あの人バレーボール部の人だ。)

「ごめん。遅くなった。」

「全然待ってないし!でも蛍、遅かったね。」

「なに?待ったの??待ってないの?」

「待ってない!」

「ふーん」

「その反応なくない?…………………………
あっごめんね!えっとこいつは
緒形蛍[オガタケイ]よろしく!」

「なんでお前がよろしくって言ってるんだよ。……ども。」

「あっ!よろしくお願いします!栗原加奈恵です!ほら、菜緒も」

「あっえと……保坂菜緒です。ども」

「ども。」

「よしっ!じゃあ行きますか!」

「そうだね!」

「保坂さんってどんなの歌うの?」

「えっ私?んーいろいろ歌うけど西野カナが多いかな」

「そうだね。菜緒は常にカナちゃんだね笑」

「へー!そうなんだ!女の子らしいね。笑」

「女の子だし笑
逆に永田くんは?」

「んー、俺歌わない。」

「えっっ。じゃあなんでカラオケ行くの?」

「盛り上げる方が得意だから!」

「奏斗それ理由になってない。」

「緒形くんが喋った。」

「えっっなに?俺喋っちゃダメなの?保坂さん喋ってるのに。」

「いやそんなんじゃなくて、あんまり喋る
イメージないから。」

「ふーん」

< 4/ 10 >