ケータイ小説 野いちご

隣り合わせ

愛しき人


「……えっ?」

振り向くと、寝ている原田さんの口から誰かを呼ぶ声。


寝言ってやつ。


『かんちゃん』


もしかしてさっ?


お腹の中にいる。


もう一人の親?


夢の中に出てきてんだな!

勝手な想像をした。


この何もない部屋で。


妊婦が一人で。


誰かを…待っている。


……幸せか……


多分。

原田さんは、この小さい部屋で。


俺には見えない。


『幸せ』を持って…


引越してきたんだな。


< 47/ 203 >