ケータイ小説 野いちご

好きっぽい★

現場に戻る

その日の午後11時過ぎ。

カジ君のバイトが終わるのを待って、あたし達は彼の家に集まった。


メンバーは、カジ君、大野先輩、ケイちゃん……そしてあたしの4人。


マヒロ先輩とミサコ先輩は用事があって来れなかった。

二人ともかなり悔しがってたけど……。



その間、あたしとケイちゃんはサークルのメンバーに連絡を入れて、それとなく探ってみたんだけど……

結局有力な手がかりは得られなかった。



「それにしても、大きな家ですねぇ……」


初めてカジ君の家に来たケイちゃんは、昨日あたしが見せたのと同じような反応を示した。


「こんなに広かったら迷子になりません?」


キョロキョロしっぱなしのケイちゃんに、カジ君は「ああ……」と呟いた。


「迷子にはならないけど……。前に、泥棒が入っても気づかなかったことがあるんだ」


「へ? 泥棒?」


あたし達3人の声が重なる。

< 37/ 108 >