ケータイ小説 野いちご

ひとみ

stay by my side




ひとみさんの風邪もすっかり完治し、またいつもと同じ毎日が始まる。
相変わらずの露出度の高い彼女の服には目がいきつつも、ため息を吐いてしまう。
まぁ、ひとみさんの風邪が治っただけで、よしとしよう。
正直、しんどい毎日だった。
熱があるのはしかたないけど、ボクはすっかり彼女の下僕の体だった。
ボクとしても、風邪の時に彼女に世話になったわけだし、致し方ないと、割り切るしかなかった。
ふと、朝ご飯を豪快にかき込むひとみさんに目をやる。

ボクが寝込んだ時に言ってたこと、ホントなのかなぁ?

ふと、そんな考えが頭をよぎる。

ボクの父に子供の頃から憧れていて、高校卒業と同時に単身で父のもとに乗り込んで、気が付けば父の恋人にってね。

なんで、ボクはそんな彼女と同居してるんだろう?

今更ながら、改めて思う。

しかも、ボクは彼女に、その、まぁ、なんつうか、キスされた。

ひとみさんが、どういう意図でキスしたのか知らない。
本当に『熱の下がるおまじない』のつもりだったのか。
父の話をして、父のことを思い出して、顔の似たボクにキスしたくなったのか、なんとなく寂しかったのか、それとも、ボクのことを……

まぁ、それ以上は考えるのはやめよう。


< 51/ 110 >