ケータイ小説 野いちご

君と歩むから

プロローグ




俺には守らなければならないものがある



そんな俺を支えてほしい、って思うことは欲張り過ぎだろうか



君にとっては重いだけかもしれない



でも



君が隣にいてほしい








< 1/ 13 >