ケータイ小説 野いちご

ここにあるもの。

死にたい夜に



死にたい夜をいくつも越えて
朝を迎える


もう終わってくれないかと
二度と来ない朝を願いながら
夢の中へ意識を手放した

ほんの少しの気休めの言葉と
ほんの少しの慰めの様な雨と


死にたい夜をいくつも越えて
朝を迎える

気怠い身体を動かして
向いた先には

『おはよう』

と愛しい彼の笑顔が在った


そうしてまた
死にたい夜にとり残されて
死ねない朝を迎える

来ないでと願いながら
来てほしいと願いながら

死にたい夜をいくつも越えて
朝を迎える


彼の笑顔がそこには在るから



< 10/ 19 >