ケータイ小説 野いちご

『ゆる彼』とワケあり結婚、始まりました。

話してない理由(ワケ)

リビングの窓辺で、その人は止まった。
レースのカーテンをめくり、物珍しそうに外を見ている。



(よ、弱ったな…何から話せばいいんだろう…)


昨日きたばかりの孫の嫁です…と言って、信じてもらえるものだろうか。


(だからって、無視しとくのも変だし…)


渋々近づいてみる。

『ゆる彼』のおばあちゃんだと紹介された女性は、こちらを振り返って微笑んだ。


「…ユイカちゃん…」

「へっ⁉︎ 」

聞いたことのない名前で呼ばれて誰のこと…?と辺りを見回した。

考えてみたらあたししかいないのを思い出し、「いえ、人違いです…」と答えようとしたけど……


「来てごらん。お外がよーく見えるよ」


ほらほら…と手招きまでされるから、仕方なく寄っていった。
シルバーグレーヘアの女性はあたしの腕を取って、「ほらごらん」と窓の外を指差した。


「いっぱいお車が走ってるねー。おうちも沢山並んでるし、まるでオモチャ箱みたい!」


昨日の自分の感想と同じだと思いながら聞いてた。
何処かで覚えのある違和感を抱きながら、自分の名前を名乗った。


「あの…ご挨拶が遅れまして…。あたし、久城さんの……た、剛さんのフィ…フィアンセで、甲本愛理と言います。は、初めまして…」


ぺこりと一礼すると、きょとん…とした表情をされた。
分かって頂けなかったのかな…と考えてたら、「ああっ!」と感嘆の声を上げられた。



< 62/ 249 >