ケータイ小説 野いちご

好きor嫌い?クールな彼に振り回されて

素直に








ブォォーーーーー……




「由佳菜」



「……」



「由佳菜ー?」



「はぴゃっ!!」



「はぴゃっ!って。
そんな驚かなくても」




お風呂上がりに、お姉ちゃんにドライヤーで髪を乾かしてもらっているとき、



ぼーっとしてしまって、声をかけられてることに気付かなかった。




「お風呂もやたら長かったし、
逆上せかけてたし。
今日の由佳菜、なんか変」



「……」




変…なのは、自覚はある。



だって、どうしても考えてしまう。



今日の清水くんの…



き、き、きき、キス…のことを。





< 77/ 244 >