ケータイ小説 野いちご

好きor嫌い?クールな彼に振り回されて

どうした俺の理性*翔真side





──バタバタバタバタ




「翔真うるせー!静かにあがれ!」




───ガチャッ、バンッ!!!




「翔真ぁ!!!!」




下の部屋から、兄貴の怒る声が聞こえる。



そんなことはどうでもいい。どうでもいいんだ。



俺がバタバタうるさく階段を登ろうと、勢いよく自分の部屋のドアを閉めようと、そんなことはどうでもいい。



……やってしまった。



岩堀に…キスしてしまった。






< 64/ 244 >