ケータイ小説 野いちご

好きor嫌い?クールな彼に振り回されて

言葉とは裏腹に







翌朝。



眠気眼を擦りながらベッドからおりる。




「おはよ、由佳菜」



「おはよう、お姉ちゃん」




朝から優雅に紅茶を飲んでる、2つ歳上の亜里菜(ありな)お姉ちゃん。



私はお姉ちゃんの向かいに座り、用意されていた食パンと牛乳で腹ごしらえ。




「そういえばアンタ、
昨日翔真くんに会ったの?」



「ぶっ!!」




お姉ちゃんのいきなりの質問に、



牛乳を吹き出してしまった。




「きったな!
自分で拭いてよ」



「わかってる…けど、
なんでいきなりそんな話…」



圭真(けいま)が、
『翔真がニヤニヤしてた』って言ってたから」




圭真っていうのは、



お姉ちゃんの彼氏で、



清水くんの、お兄さん。



私が清水くんと関わるようになったきっかけは、お姉ちゃんたちが付き合ったからで。



私たちを出会わせて…というか、関わらせてくれたのは、お姉ちゃんだ。





< 36/ 244 >