ケータイ小説 野いちご

好きor嫌い?クールな彼に振り回されて

イケメン幼なじみ





そのあと、お互い学校の話なんかをしながら過ごし、



私のおりる駅に着いた。




「じゃあ、私ここだから」



「あ、そーなんだ。
じゃあ、また明日ね」




日笠くんはニコッと笑って、ドアが閉まるまで手を振っていた。



……日笠くんには、仲良くしてと言われたけど、



清水くんが関わってるなら、それも出来るかわからない。



嫌いだと言われたことを思い出すと、



急に気持ちが重くなる。



……あぁ…



明日から電車の時間変えようかな…。



はぁ…と溜め息をついて、改札を出ると



グイッと誰かに腕を引っ張られた。




「……え…っ!?」




そのまま駅の柱の影に連れていかれて、壁に追いやられる。




「……黙れ」




すぐ傍で聞こえた声は



今、私の気持ちを重くした、張本人だった。




「…清水く」



「黙れっつの」




私の腕を掴む清水くんの手に力が入る。




「……い…っ」




腕が圧迫されて、痛みに声が出てしまうと




「……あ…。
…………チッ」




清水くんは一瞬、焦ったような顔をしてから



めんどくさそうに舌打ちした。






< 21/ 244 >