ケータイ小説 野いちご

好きor嫌い?クールな彼に振り回されて

涙の意味*翔真side





「花火、どこで見ようか」



「まずは河原歩くか。
空いてるとこに座れば」



「浴衣汚れる」



「じゃあ立って見れば」




健太と須藤さんと、河原の方へ向かって歩く。



須藤さんは少し後ろを歩いていて、この人混みだとはぐれてしまいそうだ。



ちゃんとついてきてくれるといいんだけど…。



……岩堀は



手伝いに戻ったかな。



最初は、健太と須藤さんと一緒に来る気はなかった。



岩堀と2人で会えたらって思ってた。



でも、健太に誘われたから、断ることも出来なかった。



断ってもし、会場で鉢合わせたりしたら…



隠れて岩堀と2人で会うつもりだったのがバレてしまう。



だから仕方なく、2人と一緒に来たわけだけど…。




岩堀と須藤さんが、なんかやばい空気っぽい…。






< 180/ 244 >