ケータイ小説 野いちご

独り。誰にも必要とされない

新しい友達

私は、六年前、
鹿児島のずっと南の島 「奄美大島」から、鹿児島に引っ越して来た。
きっと、新しい友達が出来るだろう
そう思って、学校に行った。

今、私は小学6年生。

恋もしたし、失恋もした。
もうすぐ中学生になる。

私は今、ひとりぼっちになっている。

< 1/ 5 >