ケータイ小説 野いちご

大きくゆっくり深呼吸して

4


遠ざかって行く瑛介の背中を





ただずっと眺めた。





姿が見えなくなっても





ぼぅっと眺めていた。

< 31/ 86 >