ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

そんなに、可愛い顔すんな。~男子校は、ドキドキですっ!!~

絶対、俺から離れんなよ。






「あれ?」



次の日、朝起きると……。



部屋の中に、絢斗がいなかった。



寮の部屋は、2人で使用する形。



面積の半分が、個人のスペースになっている。



お兄ちゃんの学校。



なにげにセレブ学校だから、ひと部屋は、かなり広い。



広いのだけど……。



仕切りがないから、よく見える。



< 96/ 317 >