ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

そんなに、可愛い顔すんな。~男子校は、ドキドキですっ!!~

おまえが、男に構われるのは、イヤだな。






だ、誰だろう!?



はじかれたように立ち上がり、机まで急いで走る。



焦って、机の上に置いたメガネを手にとった。



絢斗とふたりっきりだから、メガネをハズしていたんだよね。



油断した~。



メガネを急いでつけた瞬間……。



「葉月っ。
絢斗っ。
やっほ。
遊びにきたよ~♪」



ガバッと大きくドアが開いて……。


< 141/ 317 >