ケータイ小説 野いちご

誠のもとで

5 身元





前と同じように、幹部が神無を囲むように座った。


「神崎。お前は女だろ?」


「そう言わなかったか?」

土方の質問に違和感を覚えながら答えた。


「何で女が剣術を出来る?」







そう言う事ね。
































「信じるかどうかは、あんた達に任せるよ。」



< 61/ 170 >