ケータイ小説 野いちご

はちみつ色の太陽

第三章
距離を隠したブラウン

  




 本当は、諦めたくなかった。




 

< 306/ 465 >