ケータイ小説 野いちご

恋する時間を私に下さい

VOL.9 時間を追いかけて

部屋に走り込んできた私を、ルナもアラシさん達も驚いたように見つめ返した。

「…何かあったんですか?」

アラシさんの声で我に戻る。
目を見開いたまま三人の顔を確かめ、勢いよく首を横に振った。

「な…何もないよ!ちょっと…緒方さんに文句言ってきただけ…」

言いに行って、反対に言い返されて、それから……


「……お姉ちゃん?…顔色悪いよ…?」

泣きはらしたルナの顔が近くにある。
言われてハッとする。
顔はともかく、手が震えて、すごく冷たくなってた。


「…大丈夫……?」

近づくトドロキさんにビクついて、思わず避けた。
キョトンとされて、ますますマズい…と思った。

「だ、大丈夫です…いつもみたいに言い返されただけだから…」

慣れてること。
自分ではそう思って乗り込んだ筈だったのに……


……ぞっ…とする程、怖かった。

緒方さんが、いつもの緒方さんに見えなくて。
それに、あんなふうに押し倒されて……


ぶるっ…と寒気がして体を抱いた。
あんなことになるなんて、思いもしなかった。


…礼生さんは変だった。
何かに迫られてるような感じで、妙にイライラしてた。



「……緒方さん最近、ペンが進まなくてイラついてたからなぁ…」

アラシさんの声に振り向いた。

「オレらがいると返って焦るみたいでさ。だから、オレ、ルナちゃんを引き入れて、気を紛らせてやろうと思ったんだけど…。なんか返ってマズかったね。…ごめん、ルナちゃん…」

< 76/ 206 >