ケータイ小説 野いちご

世界中の誰よりも

✡狂気

「母さーん…もう、学校ヤダ」




「何が嫌なん?」




「なんかさ、学校で勉強しても、よーわからんし
間違えたら間違えたで、怒られるし
友達ともなんか、上手く行ってないし…」




「そっかー…」




母さんに相談はしたものの




その会話で終わってしまった




私は、何も考えてくれない母さんに




イライラした



もういいって思いながら




階段をドスドス音を立てて、自分の部屋に行き




思いっきり暴れたし




思いっきり泣いた




あぁ、消えたいって思った



消えたら、どんなに楽だろうって

< 3/ 17 >