ケータイ小説 野いちご

赤いSoulが浅葱色に変わったトキ。

2 私の役割

亜耶加「……まじで?(;゚Д゚)」

朝霞「まじですよ。嘘を言ったところで私に何の得がありますか。」

亜耶加「まあ……それもそうか。
って、あんた自分より上の位で、しかも主をあんなに馬鹿にしていいの?(。´・ω・)?」

朝霞「いいんですよ。私は朔耶様から許可されています。
あなたもそうでいいのかは、知りませんけど。」

亜耶加「ここにきて裏切る!?ひどくねえ!?Σ(゚Д゚)」

朝霞って……だいぶ毒舌?だよな……。
私より朔耶……様?への毒舌はすごいもの……。

朝霞「……それより。話が進まないので、これからあなたへの、この時代でお願いすることを申し上げます。」

亜耶加「お願い、すること……?」

朝霞「はい。この願いが叶えられるまで、あなた様は元の時代へは帰れません。」

亜耶加「逆に、それが達成されたら帰れるってことね。わかった。そして、その願いは、何なの?」

朝霞「はい。変えてほしいのです。





























新選組の歴史と、運命を。」

< 10/ 18 >