ケータイ小説 野いちご

暴走族と少女

守る理由

半年前のことだった。

あの日、私は急いでて走って帰ってたんだ。そしたら、人とぶつかった。ぶつかった人が私の大嫌いなあの人………香賀(コウガ)だった。何故か気に入られて無理矢理、彼女っていうレッテルを張られた。

私は極力会わないようにしてた。だけど、行く先々に現れる。まるで、ストーカーのように。別れを切り出したら殴られる。だから、別れるにも別れれなかった。

それから、数週間後。私に双子の弟がいるっていう情報を何処で入手したのか知らないけど、【弟が傷付けられたくなかったら俺のところにずっといろ】って脅された。 

< 15/ 181 >