ケータイ小説 野いちご

キミノカケラ〜群青色の空と君と〜

真っ黒な空



プップーッ‼︎


「このガキっ‼︎死にてぇのか‼︎」




十月上旬。


人が行き交う駅前の商店街で、ブォンとマフラーを鳴らし物凄いスピードで走り去る黒塗りのセダン車。


怪訝な表情で車を振り返る通行人をよそに、私は暴言を吐かれたにも関わらず止まることなく歩き続ける。




どうでもいい。


何を言われても、何も感じない。





ーーーーもういい、全て終わりにしたい。





くだらない人生に終止符を打つため、私は今日も最期の場所を探し歩く。






< 1/ 180 >