ケータイ小説 野いちご

デブスです生きててすみません

タイトル未編集

背が低いです。
小学校の頃にはもう150センチあり
わりと小さいもん順の後ろ辺りにいました。 


これから私の長い独り言を聞いてください。
そう、誰にも語りかけてはないのです。


鼻がひくいです。
こればっかりはどうしても整形しなくては治りません。






そんな自信のない私です。

< 1/ 5 >