ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

妄想ラブレター

近距離ラブレター
*暇つぶし







「なぁ、秋月」

「んー?」



あたしは机に抱きつくようにして仮眠中。


人がせっかく次の授業まで寝ようと思ってるのに、休み時間毎にこうやって声をかけてくる前の席のクラスメイト。



「いつもそうやって寝てるよな」

「だって眠いじゃん」

「いや、寝過ぎだろ。毎休み時間そうしてるし」

「分かってるなら寝かせてよ」

「だって暇じゃん、おれ」



知らないよそんなの。



「カンと話してくればいいじゃん。もしくは他のやつと」

「席移動するのめんどくせー」



ほんとに知ったこっちゃないし。



「ちっ」



おっと。



「あっ、今舌打ちしたな?」

「してません」

「嘘つけ」

「してないってば」

「いやいや、がっつり聞こえたし」



もーうるさいなぁ。




< 11/ 287 >