ケータイ小説 野いちご

ヒカリ


「紫乃!!!!」

そこに現れたのは.....

「ケ....イ....っ」

「おい宵田。お前、こんなことしてどうなるかわかってんのか?」

「なんのことぉ?瑠莉ゎ紫乃ちゃんがしんどいみたいだから看病してたんだよぉ?」

「は?ざけんな。」

「ふざけてんのは、、、アンタでしょお♡」

< 22/ 38 >