ケータイ小説 野いちご

俺の方が、好きだけど。

Step*2
意外な本音



「高野くんって、本当に彼女いないの〜? モテそうなのに」



「いるわけねーし、モテないよ」



「えー、ウソだー」



昼休みの教室で、わたしは杏子とお弁当を広げていた。



「ウソじゃないって! 俺、意外と一途だし」



「なーんか、ノリがチャラいし軽いよね〜」



「え? どこが? ショックなんだけど」



さっきから何度も続くこのやり取りに、胸が痛くてどうしようもない。


さらには食欲もなくなってきて、わたしは食べかけのお弁当箱のフタをそっと閉じた。



杏子はすでに食べ終わっていて、机に頬杖をつきながら冷ややかな目でやり取りを見つめている。



< 47/ 334 >