ケータイ小説 野いちご

紅一点の最強美少女!!!

コレはあれだ。オヤジの飲み会だ。




「杏さん!これ料理です!」


オレンジ頭の…良が大量の料理を私のところまで運んでくる。


「だから、敬語と呼び捨て!!!」


私が叫ぶと

「そんな事できませんから!」


そう言いながら去っていく。


この光景が何回も続いた。




…今、私達は倉庫の飾り付けをしている。


というのも、後一時間で初代組が来るから。


別にいいと想うけど…。


どうせお酒のんで、ベロンベロンなるだけでしょ皆。




予想だけどね?



「…お前等、全員並べ。」



あ、準備終わったのかな?



そう思って声のする方へ向かう。



…うわぉ…なんだこれ。



部屋に入ると厳つい男たちが綺麗に並んでいた。



すごいよ、この光景…。


何気にレインボーカラー順に並んでるし???





ブオオオオオォオン


ブオオオオオォオン  



お、きたのかな?



「……初代がお見えになる。
失礼のないようにな。」





< 39/ 159 >