ケータイ小説 野いちご

紅一点の最強美少女!!!

甘い甘〜い文化祭の予感です。





『ルカ、7番テーブル指名!』


『了解しました〜!』



ザワザワと人の集まる店内。


忙しく働く、見慣れない服を着た麗華の皆…プラス私。



そうですよ、文化祭です。

テストからの熱が冷めぬまま、文化祭がやってきてしまいました。


急だったわりに、裏方もしっかり決まってたし看板とか飾り付けとか。

メニューに書かれているものも、何故か、普通にありそうなカフェになってしまった。




あ、そうそう。
テストの結果、3バカの赤点は免れた。
ものすっごくギリギリだったけど。


勿論1位は私です!

……とか言いたい。


まぁ、1位だったのはだったけど、同率で夏も1位だった。


どうせならブッチギリの方がかっこいいでしょ?


『ルカ〜‼︎ こっちもよろしく!』


結構離れた方から聞こえて着た陽の声に反応して、慌てて水を持って駆け寄る。


何故かわからないけど、名前ルカになったんだよね。

きょーセン曰く、るっちゃんの指示。

てゆか、るっちゃんは一体何がしたいんだか。



『お待たせしました。
ご注文どうぞ』


にっこりと…まぁ、営業スマイルというやつで笑いかける。

しゃあないよね? 文化祭のウェイトレスって、絶対みんな営業スマイルでしょ?



< 115/ 159 >