ケータイ小説 野いちご

涙色

プロローグ








君に出会って恋をした。






私はそのことを後悔していない。







運命かも。

奇跡かも。





なんて、夢見てた。




いや、今でも思ってるかも。



< 1/ 3 >