ケータイ小説 野いちご

白色なみだ .* 

苦しいけど、好き










「…はぁ…、っはぁ…」



屋上に来た私は、
息を切らしながらフェンスにもたれる



ーークシャッ

ぎゅっと握っていたパウンドケーキの袋は
力を込めすぎたせいか
クシャッと歪んでしまっている




「…結局、渡せなかった…」



呟いた言葉は
冷たい風に去らされて…




「…っ、ふっ、…ぅう…っ」


ポツリ、ポツリと落ちた涙は
コンクリートの床に染み込んでいく





私の頭のなかで
さっきの一之瀬くんの言葉が響く


<俺、好きな人がいるから受け取れない>




そうだよね…


佳奈さんが好きなんだもん




好きじゃない人からもらうなんて、
困っちゃうよね…




お礼、とかいって渡すなんて
一之瀬くんを困らせちゃうよね…



私、なんで気づかなかったんだろう

パウンドケーキを渡したところで
一之瀬くんの気持ちは、変わらないのに…





「…ふっ、ん…っ」




なんで、

なんで、こんなに苦しいんだろう…


苦しいのに…

なんで、こんなに好きなんだろう…





< 19/ 32 >