ケータイ小説 野いちご

夜ー闇に隠された瞳の奥ー

偽りのカウントダウン
夏 side




夏 side











「…………………まだ、言うときじゃないかな」


みずなはそう言って俺の手を払い、部屋を出て行った。






最初見た時から、こいつはなにかあるってことはわかってた。



女だってのもわかってた。


男にしては声が高ぇし、身長もない。


でもなにより、女や男ってことより、






目が………瞳が。


暗かった。黒かった。





そのことが、みずなに興味を持った一番のきっかけだった。









< 108/ 587 >