ケータイ小説 野いちご

私が恋をする!?

第1章 君との生活
君との距離

白澤はあの日以来何かと私に絡んでくる

本人は

『宮川は危なっかしいから』

とかいっているけど

学校一のモテ男が私の周りをウロウロしているせいで

最近は女子の視線が痛い

そんなことに白澤は気づいていないのか無視しているのかわからないけれど

何事もないかのように

私に近づいてくる



「宮川おはよ」

声を掛けられて後ろを向くと

やっぱり白澤


「おはよ」

「教室まで一緒にいこーぜ!」


本当に迷惑な台詞をサラッと言う


< 29/ 150 >