ケータイ小説 野いちご

青い空の下で

タイトル未編集

きっとどんなときも 変わらないって


どんなことも 無くさないで


いつかまた会う日も笑っていよう。






あの青い空の下でみんなと出会えたことは運命だったと信じてる。

みんなは?青い空や、綺麗な夕焼けを見ながら なにを思ってたの?
















< 1/ 2 >