ケータイ小説 野いちご

いつめん

初めは…

三人。
必ず一人が外れてしまう。

それの一人にならないよう、頑張って、笑顔を振りまいて。
外れないよう努力して。

それでも外れてしまう。
ずっとそうだった。

もうやだな。

そう思うようになった。

和と、茉梨と、私。
最初はこの三人でいた。

楽しかった。


< 1/ 13 >